のんびりタムリエルライフ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【MODTips】『Enhanced Character Edit』 フォロワー作成方法 XPMSEスケルトンの調整
enb 2018_06_18 20_22_50_24

さぁ、自作フォロワーが完成した!
早速ゲーム内で確認だ!

あぁ!出来てる!やった!ついにフォロワーが作れた!

……ん?

enb 2018_06_18 19_54_21_22


……君、首長くない?
というわけでskeleton調整をやっていくわけなんですが……

独立したフォロワーのスケルトンをnifスコで開いてみると……

Blog618Gyaaa.png

ぎゃあああああああああ!?

と、いざskeletonを開いてみると項目が多すぎてわけがわからない。
やっとこさ見付けてみても、CMEとNPCの項目があってどっちか分からない。
取り合えず入力してみようと思っても、どれくらいの数値を入力すればいいか分からない。
ゲーム画面と睨めっこしながら何度も何度も調整することに……

……なる前に、個人的なコツのようなものをご紹介しようかなと。
※XPMSEでの調整法になります
※XPMSだとノードの並び等が違っているので下記の方法だと参考にならない可能性が高いです。




まずはキャラクリ画面でお好みで体型を調整します。

enb 2018_06_18 20_30_01_68

手足の先が見にくい!
というときは、コンソール「tfc」で視点を変更した状態で「showracemenu」を打ち込めば、その視点のままキャラクリができます。視点変更で始点変更


そして作ったデータをスロットに保存します。
すると、「Documents\My Games\skyrim\CME_save」フォルダにデータが出力されています。
番号が振ってあると思いますので、セーブしたスロットと同じ番号のSLOTファイルをメモ帳などで開きます。

すると数字の羅列が書き込まれているのですが、下の方へ下っていくと……

Blog618CMEデータ

はい、skeleton dataなるものが現れました。

こちらに書いてある通り打ち込んでいけばプレイヤーキャラで作成した体型と全く同じになるのですが……

Blog618Gyaaa.png

ぎゃあああああああああ!?使い回し

と、どこに何があるか探すのも一苦労です。

そこで探し方のコツなどを。

まず書いてある身体のパーツの項目が何を意味するかを紹介します。
Head = 頭
Clavicle = 鎖骨
UpperArm = 上腕
Pauldron = 肩甲
Spine = 脊椎
Root = 体幹?
Pelvis = 骨盤
Thigh = ふともも
Calf = ふくらはぎ
Foot = 足
Toe= つま先
Forearm = 前腕
Hand = 手
Finger = 指
Breast = おっぱい( ゚∀゚)o彡°
Butt = 臀部
Hip = お尻( ゚∀゚)o彡°
Tail = 尻尾

あとは武器等ですね。

探すコツは三つ。
・「NiNode」と書かれたノードを開く。
・身体の接続している部位はノードも繋がっている。
・NPC~とCME~は繋がっている。


一つ目のポイントは、「NiNode」と書かれたノード以外は開かなくてOKということです。
それ以外のノード以下には調整すべき項目はありません。
二つ目は、例えば上腕を調整する場合、上腕は肩に繋がっている、肩は脊椎に繋がっているといった具合です。
なので繋がっているノードを開いていけば見付けやすくなります。
三つめは、調整したい項目がCME~NPC~とそれぞれある場合がほとんどなので、よく名前を確認して、違ったとしても大体その上下にあります。

ではskeleton dataの上から調整していきます。

Blog618ノード開く1

まずは「NPC Head」となっていますね。
矢印の場所を開いていくと、「CME Body」を見付けました。
「CME Body」を開くと「CME LBody」「CME UBody」とあります。
これはアッパーボディ(上半身)とローボディ(下半身)のことだと思われます。
頭は上半身に繋がっているので「CME UBody」の方を開きます。

Blog618ノード開く2

続いて「Spine」という項目が出てきました。
これは上記の通り脊椎ですね。
これも頭に繋がっている部位なので開いていきます。
すると「NPC Neck」というノードを見付けました。
頭は首に直結していますので、すぐそばにいますね!

Blog618頭発見

あったぁぁぁああ!

見付けたらnifスコのBlock DetailsのScaleの部分をダブルクリックで選択して、skeleton dataに書き込まれているscaleの数字を打ち込みます。
コピペするのが楽かもしれません。

続きましては「Clavicle」

Blog618Clavicle.png

Clavicle(鎖骨)はShoulder(肩)に繋がっているので、開いてみるとすぐにいました。
ここも先ほどと同じようにScaleをコピペします。
LR(左右)あるので両方打ち込みます。

こんな具合にどんどん見付けて書き込んでいきます。

Blog618Weapon.png

Weapon(武器)関係のノードはこの辺りに入ってます。
これは装備した武器の大きさや位置になりますので、こだわりがなければパスしてもいいかもですね。

一通りScaleを打ち終わると、今度はskeleton dataがこんな表記になります。

Blog618Translation.png

今まではScale(大きさ)の調整でしたが、今度は上下前後左右への位置調整になります。
画像の「CME Neck」の場合だと、x=0 y=0 z=-0.783334になります。
これを「CME Neck」のDetailsのTranslalationの部分をダブルクリックで選択して、zの部分に-0.783334と打ち込みます。

こちらもこんな具合で順に打ち込んでいきます。

すべて調整が終わったらnifをセーブして、ゲーム内で確認してみましょう。

enb 2018_06_18 20_26_50_89

首の長さもバッチリですね!
こだわりの、自分だけの骨格をレッツメイキング!(沼への誘い)



関連記事

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。