のんびりタムリエルライフ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【自作MOD?】Transform to wear wolf β紹介
enb 2017_04_11 21_28_10_32

会話からフォロワーをウェアウルフに変身させる機能を作りました。

enb 2017_04_11 16_49_41_89

んが!
自作MOD?としたのは、導入すれば誰もが変身できるようになるMODではないからです。
これは導入後、フォロワーMOD制作者様自身の手でマージと作業をして頂くことでフォロワーに変身機能を付けることが出来るようになる、制作支援的なものになります。
うちの子はこういう設定だからウェアウルフに変身させたい!でもスクリプトが……という方に向けて、自身の勉強がてら作ってみました。
この記事で作業内容を説明していきたいと思います。

ちなみにこのMOD?で使われているスクリプトは方向音痴のSkyrim様を参考にさせていただきました。

では、まずはこちらから、MOD?をダウンロードしてください。

Transform to wear wolf β

そしてこのMOD?を導入し、機能を付けたいフォロワーMODとマージします。
マージに関しては詳しい説明は省きます。
データベースにやり方は記載してありますので、そちらをご参照ください。

TTWW01.jpg

私の公開していなかったフォロワーMOD『Eiko』に被検体となってもらいます。
マージしたら新しいesp名を付けましょう。
ここでは仮に『Eiko2』にしておきます。

TTWW02.jpg

マージが完了したら、TES5Editを閉じずにマージしたespの
『Dialog Topic』
『Dialog Branch』
『Dialog View』
『Magic Effect』
『Quest』
『Spell』
を開きます。

そしてこの中の緑色になっている項目の『Editor ID』を全てリネームします。
左側の項目を選択したら、右側のマージした方のespの『Editor ID』を右クリック→Editでリネームできます。
名前は何でもいいですが、元の名前が分かりやすい方がいいかと思います。

TTWW03.jpg

今回私は『Eiko_~』という形にすることにしました。
リネームしたら画像の様に緑だった背景が黄色くなったと思います。
こんな感じで残りすべてやって行きます。

TTWW04.jpg

出来上がったものがこちらになります。
このように全てリネーム出来たらTES5Editでの作業は完了なので、閉じてしまいましょう(閉じればそのまま保存できます)
保存するのはマージしたespだけでいいと思います。

続いてCKでの作業に移ります。
マージしたesp(私の場合はEiko2)を開いてください。

TTWW05.jpg

開いたらまずはMagic Effectから編集していきます。
Magic Effectの先ほどマージしたもののうち、『~ChangeHuman』の方を開いてください。

TTWW06.jpg

開きましたら、右下のPapyrus Scriptsの『HinoHuman~』というスクリプトをダブルクリック、または選択してPropertiesをクリックしてください。

TTWW07.jpg

こんな画面が開いたかと思います。
この中の左側、『NPCRace』を選択し、右側で、今回機能を付けたいフォロワーのRaceを選択してください。
これでウェアウルフ状態から戻る時の種族を設定したことになります。
ここをミスると表情が動かなくなったり、デフォ顔になったりしますのでご注意を。
出来ましたら、OKをクリックして戻り、MagicEffectもOKで保存してください。
この段階で一度espを保存することをお勧めします。

TTWW08.jpg

続いてQuestを編集していきます。
一度保存することをお勧めしたのは、QuestはDUPLICATEしても全ての項目をコピーできず、なおかつOKをクリックせずに閉じても変更内容が保存されてしまう特殊な項目になります。
ミスした場合は取り返しがつかなくなることもありますので、落ち着いて慎重にやって行きましょう。
それでは、先ほどマージしたクエストを開いてください。

TTWW09.jpg

開きましたら、上のDialogue Viewsを選択し、左にある項目を選ぶと、右にこんな感じのものが出てきます。
画像の様に二個ない場合は重なっている可能性があるので、黄色い枠をつまんで動かしてみてください。
二個あれば、そのうち一方の黄色の枠内の、画像では赤線で囲ってある白い部分をダブルクリックしてください。

TTWW10.jpg

するとこんな感じの画面が開きます。
もし画像と違うウィンドウが開いたら、恐らく押し間違えなので、戻って白い部分をしっかり狙い撃ちしてください。
開きましたら、左上のTopicTextの部分を見て、画像の様に「Transform to wear wolf」になっているか確認してください。
もし「~to human」だったら、戻ってもう一つの方を開いてください。
別にどちらから編集してもいいのですが、説明しやすくするためにこちらから編集します。

TopicTextを確認できたら、次は中段のConditionsを画像の様に設定します。
枠内の白い部分で右クリック→Newで新しく項目を作れます。
これは条件設定なのですが、上から解説すると、
FactionのCurrentFollowerFaction == 1(雇用状態である時)
RaceのWereWolfBeastRace != 1(種族がウェアウルフ“ではない”時)
IDがEiko_Follower == 1(アクターがEikoの時。これは各々機能を付けたいフォロワーを選択してください)
という感じになってます。
以上の条件が満たされた時だけダイアログが出るように設定している感じですね。
画像の順番通りにならなくてもお気になさらず。

設定できたら、次はMagicEffectの時と同じように、右下のスクリプトのプロパティを設定します。

TTWW11.jpg

プロパティ画面が開いたら、左の『NPC』を選択、右で機能を付けたいフォロワーを選択します。
Cellの所でフォロワーを配置したセルを選ぶと、下のReferenceでフォロワーの名前が出てくると思います。
選択できたらOKで閉じて、前の画面もOKで閉じてしまいます。

TTWW12.jpg

続いてもう一つの方。
TopicTextが「Transform to human」であるのを確認し、Conditionsを画像の様に設定します。
こっちでは雇用状態である時を条件にしていません。
ウェアウルフから戻すときは非雇用状態でもいいかなと思って設定してないだけなのでお好みでどうぞ。
そしてこちらでは、
WereWolfBeastRace == 1(種族がウェアウルフ“である”時)
が条件になっているのでお間違えなく。

出来たら、先ほどと同じようにスクリプトのプロパティを設定します。
先ほどと同じく、『NPC』に機能を付けたいフォロワーを設定してください。

以上で作業は完了です。
お疲れ様でした。
espを保存して、名前を元に戻しましょう(マージ前のespのバックアップもお忘れなく!)
では早速会いに行ってみます。
んが!この時にもし顔がデフォ顔になっていたらActorIDが変わってしまっていますので、変える前の名前のesp名でヘッドnifが出力されていると思うのでこちらと差し替えてください。
さて、無事に会ったものの、今度はダイアログが出ないことがあります。
というかほぼ間違いなく出ないと思います。
これはカスタムボイスと同じく、新しく作ったダイアログは一度セーブ&ロードしないと表示されないからです。
セーブ&ロードすれば解決するのですが、これの対処法も解説します。

TTWW16.jpg

TES5Editで作業したespを開き、右クリック→Other→Create SEQ Fileで『SEQファイル』を生成してあげることでセーブ&ロードが必要なくなります。

では、気を取り直して、会いに行ってみます。

enb 2017_04_12 09_43_02_53

雇用状態で画像のような選択肢が出れば成功です。
今度こそ、お疲れ様でした。

ちなみに配布する際は、上記の『SEQファイル』と私のMOD?に入っている『Scriptsファイル』の同梱をお忘れなく。
配布する際は使用許可はいりません。
一応クレジットに名前入れてくれると嬉しいです。
ただ、
元の私のMODの二次配布は絶対におやめください

余談ですが、

TTWW13.jpg

ここの黄色い部分をダブルクリックして、

TTWW14.jpg

出てくるウィンドウの赤枠の部分を変えれば、プレイヤーの台詞が、

TTWW15.jpg

Conditions等を設定したこのウィンドウの赤枠の部分を選択し出てきたウィンドウの赤枠部分を変えれば、フォロワーの台詞が変えられます。

日本語は使えませんが、もしよろしければお好みでどうぞ。

関連記事

テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。